社長個人名義の車を仕事に使って、ガソリン代や車検費用まで経費計上する方法。

個人名義の車 会社経費

事業を始めたばかりの社長さんなど、仕事で車を使うものの、車両名義は代表者個人になっていることは多々あるかと思います。

そんな個人名義の車のガソリン代や車検費用、各種保険料などは、できれば会社の経費としたいところですが、実は車両名義が個人のままでも、運行経費を会社の経費とすることが可能です。

なにも、会社に車を売却する必要なんて無いんです。今回は、その方法と必要な書類について書こうと思います。

車を会社名義にする必要はない

車の名義変更 不要

一番簡単なのは、代表者名義の車を会社に売却して、会社名義にしてしまうことです。しかしその場合は車の所有者を変更しなければなりませんし、任意保険についても保険会社によっては法人名義を受け付けていない所が多いです。(特に格安のネット保険は)

しかし、会社名義ではない車だと、経費は個人負担になってしまうのでは?と懸念するかと思います。(僕自身そうでした)

しかし税理士の先生に確認してみると、個人名義のまま、車にかかる経費を会社の経費としてしまう方法がありました。

個人の車を会社に「無料で貸す」という契約

個人名義の車 使用貸借

結論から言うと、個人名義の車を会社に貸してしまえば良いわけです。

ただ、代表者が会社から賃貸料を受け取ってしまうと、受け取った金額に対して所得税が発生してしまいます。

その所得税を発生させないために、代表者と会社との間で「使用貸借契約」を締結します。

使用貸借契約というのは、「無料で貸してあげるから使っていいよ」「無料で借りるけど使わせてね」という契約です。

「使用」貸借と、「賃」貸借で言葉からハッキリと違う契約です。使用貸借にお金は発生しません

この使用貸借契約を締結することで、代表者にお金が入ることはないので、代表者個人に余計な所得税が課税されることを防ぐことが出来ます。

使用貸借契約書に費用負担の項目を指定する

この使用貸借契約を締結する際に、契約書内に車の費用負担についての記載を残しておきましょう。

簡単にいいうと以下のような内容になる。

会社は社長の車を仕事に使っていい。その代わり、ガソリン代や車検代などの車の維持に必要な費用は会社が負担すること。

以下に、実際に僕が使った使用貸借契約書の雛形が有るからぜひ利用してみて。
[aside type=”warning”]僕自身は税理士の先生に確認していますが、100%税務署に認めてもらえる保証はありませんから、予め税理士の先生に確認してみて。[/aside]

自動車の使用貸借契約書雛形(Word)

この契約書の場合の費用負担に関する項目は「第4条」。基本的に費用は会社負担(個人の都合(プライベート)で利用の場合は貸主負担)とし、また、車検などの貸主が行うことについても、それに相当する金額を会社は所有者に支払わなければならない。と規定してある。

尚、自動車税などの公租公課については、所有者に対して発生するものなので、貸主負担することにした。ここはグレーな範囲らしく、税務署の担当者によって可否も別れるそうだ。

尚、この使用貸借を締結したからと行っても、完全な個人利用の分については、しっかりと個人で負担する必要があります。

まぁ僕の場合は仕事にしか使わない(基本ずっと仕事)ので、プライベートで使う事はないんですがね。

ではでは。