失業保険(失業手当)を貰う条件や手続きをわかりやすく説明するよ

失業保険 手続き 注意 待機 期間

失業手当を貰う、失業保険を貰うとよく言われますが、正式には「失業保険の給付」と言われ、一定の条件を満たす人が失業した際に、自治体からお金を貰うことができる制度です。

この失業保険がもらえる事で、少なくはなりますが、一定期間は収入があるので、腰を据えて就職活動をする事ができます。

しかし、多くの方が、失業保険の給付を受ける条件をハッキリと分かっていなかったりするので、今回、失業保険を貰うための方法や条件、手続きなどを1からご紹介しようと思います。

会社を辞めようと思っている人、すでに会社を辞めた人、解雇されそうな予感がしている人(?)は要チェックです。

尚、本記事では、解りやすいように統一して「失業保険」と書くようにします。

失業保険が貰える条件は?受給条件を知る

まずは、自分が本当に失業保険をもらうことができるのか、しっかりとチェックするようにしましょう。

あと1か月働けば雇用保険加入の条件を満たすのに、先急いで退職してしまうと元も子もありません。

失業保険の受給条件は?

失業保険の給付を受けるためには、最低限の条件を満たしている必要があります。

その条件とは、以下の通りです。

自己都合退職の場合

  1. 離職日より遡って2年間の間に、通算して12ヶ月以上雇用保険に加入していること
  2. ハローワークに求職の申し込みをしていること
  3. 再就職の意思があり、すぐに働ける健康状態であること

 

会社都合退職及び特定理由離職者の場合

  1. 離職日より遡って2年間の間に、通算して6か月以上雇用保険に加入していること
  2. ハローワークに求職の申し込みをしていること
  3. 再就職の意思があり、すぐに働ける健康状態であること
  4. 特定理由離職者である事を証明できる書類を持っている事

とこのような条件が課せられます。

ここで大事なのは、「再就職の意思があり、すぐに働ける健康状態であること」という条件です。

つまり、すぐに働くことができる状態でないといけないので、怪我や妊娠により退職した人は、すぐに働くことができないので、失業保険を受給する資格がありません。

[aside type=”normal”]特定理由離職者とは?

特定理由離職者とは、以下に当てはまる理由で退職を余儀なくされた人の事を言います。

  • 引越により通勤が困難になった人
  • 仕事を続けたかったが、契約満了になった人
  • 加齢による体力不足で勤務の継続ができなくなった人
  • 介護のために退職せざるをえなくなった人
  • 配偶者の転勤に付いていくため退職した人

他にも適用できる理由があるので、最寄りのハローワークに確認してみましょう。[/aside]

失業保険を貰えないパターン

以下に該当する場合は、失業保険を受け取ることができません。

  1. 一定条件の雇用保険加入期間を満たさない人
  2. 再就職(長期アルバイト含む)が決まった人
  3. 起業・家業を継いだ人
  4. 学生になる人
  5. 再就職の意思がない人(ハローワークでの求職活動ができない人)

アルバイトをしていても失業保険が貰える場合もある!

失業保険をもらっている間でも、1日4時間以内のアルバイトは「内職」扱いとなり、失業保険をもらい続けることができます。

その際の計算方法は
(失業給付金の日額)+(バイトの日給−1286円)−(退職前の6か月間の総給料÷180×0.8)となります。

[aside type=”normal”]失業保険の申請に必要な書類

  • 離職票1・2
  • 雇用保険被保険者証
  • 免許証などの本人確認書類
  • 求職申込書
  • マイナンバー確認書類[/aside]

 

失業保険が貰えるまでの流れ・期間は?給付制限とは?

仕事を辞めても、失業保険もらえるから、しばらくは仕事を探すフリをしてゆっくりしようかな〜なんて考えの人も多いと思いますが、退職してすぐにお金がもらえるなんて甘いもんじゃありません。

給付制限と受給までの流れをしっかりと把握しておきましょう。

給付制限とは何か?

失業保険は、条件を満たしたからといって、すぐに貰えるわけではありません。

失業保険には「待期期間7日」「給付制限」というものがあり、退職理由によって「給付制限」が異なります。
(※待期間ではなく待期間と書きます)

まず、会社都合の退職や特定理由離職者の場合は、給付制限はないので、失業認定されればすぐに受給の対象となります。

しかし、自己都合退職や懲戒解雇をされた人の場合は、待期期間満了の翌日から3か月の間は給付制限が付く為、しばらくは失業保険をもらうことはできません。

これが俗に言う「自己都合退職だと3か月貰えない」ということです。

[voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/20171226102909cry-1.png” name=”すーさん” type=”l”]まぁ、自己都合退職だから仕方ないよね。自分の意思で辞めたわけだし・・・[/voice]

失業保険の給付までの流れを知る

退職から失業保険を受給できるまでの流れを図にしてみたのでしっかりとチェックしておきましょう。

どれくらいの期間、失業保険をもらえるの?支給日数を知る

失業保険の支給期間は退職理由と、勤続年数と年齢によって決まります。

失業保険の支給期間の条件別一覧表

自己都合退職・懲戒解雇・一部の特定理由離職者の場合

自己都合退職や、懲戒解雇の場合は、退職時の年齢は一切関係なく、雇用保険の加入期間のみで判断されます。

尚、特定理由離職者の方でも、「契約更新を希望するも、契約を更新されなかった人以外」はこちらの表での支給日数で計算されます。

 

会社都合退職・一部の特定理由離職者の場合

会社都合での退職や特定理由離職者の場合は、退職時の年齢と雇用保険の加入期間で支給日数が決定します。

尚、特定理由離職者でも、この表で計算されるのは「契約更新を希望するも、更新されずに退職に至った人」のみが対象です。

 

尚、これらの支給日数は平成29年12月26日時点での情報です。

失業保険の受給期間の行動は?失業認定を知る

失業保険の手続きが終われば、何もしなくても受給できるわけではありません。

冒頭の失業保険の受給資格のうち「再就職の意思がある」ということを、実際の求職活動を以って証明しなければなりません。

この証明のために、月に1度、ハローワークに行って再就職活動の状況報告をしなければなりません。

とは言うものの、ハローワークの担当者も忙しく、多くのハローワークでは、細かい相談はなく、ハローワーク内の求人検索パソコンで検索するという行動さえ取れば、認定されるところが多いです。

しかし、これは地域や担当者によっても異なり、中には応募した会社からの不採用通知や、応募履歴のコピーなどの提出を求めてくる「厳しいハローワーク」もあるようなので、注意が必要です。

もちろん、この間にアルバイトなどをこっそりしたりするのは不正受給となるのでご注意ください。

失業保険の受給資格の有効期限は?1年で受給資格を失う

失業保険は、いつでも好きな時に申請して満額受給することができるのでしょうか?

実はそういうわけにもいかないんです。

失業保険受給資格の有効期限は1年

失業保険の受給資格は退職の翌日から1年で消滅してしまいます。

また、受給を開始していても、退職の翌日から1年が経過すると打ち切られてしまうので、できるだけ早く申請することが大切です。

[voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/20171226102909cry-1.png” name=”うずぼう” type=”l”]個人的な話だけど、昔自己都合で退職した時に、どうせ3ヶ月待たなきゃいけないし、すぐに再就職先決まるだろうと、失業保険の申請をしなかったんだよね。

で、そうこうしているうちに、1年間無職だった事があるんだわ。

すぐに申請していれば失業保険もらえてたのに・・・って後悔したよ。[/voice] [voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/girl_fedup.png” name=”” type=”r”]でもさ、1年って言ったら、妊娠や出産で退職する時は諦めろってこと?何のために雇用保険かけてるのよ?[/voice] [voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/resmile-3.png” name=”すーさん” type=”l”]大丈夫!そういう時には受給期間の延長っていう制度があるから安心して!![/voice]

失業保険の受給期間を延長して時期を先送りにする

病気や出産、介護などの理由で退職した場合、働く気があっても身体的にすぐに働けない場合があります。

失業保険の受給資格である、「再就職の意思があり、すぐに働ける状態」にも該当しません。

そういう場合でも、申請して認められることで、受給期間を最長3年先まで先送りにすることが可能です。

条件としては、退職日から30日後を起点に、1ヶ月以内に受給期間延長の申請をする必要があります。

詳しくは最寄りのハローワークに問い合わせてみましょう。

[aside type=”normal”]受給期間の延長に必要な書類

  • 受給期間延長証明書
  • 母子手帳、診断書など現在の状況を証明する書類
  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証[/aside]

 

早めに就職して再就職手当を貰う!

最後にとても大事な手当について紹介します。

失業保険を受給している人は、満額貰うために、あえて積極的な就職活動をしない人もいます。

中には、条件の良い求人を見つけても「まだ受給期間が残っているから」と、あえてスルーしてしまうようなバカな人たちも・・・

確かに、再就職が決まった時点で失業保険の給付は打ち切られてしまいます。

しかし、実は失業保険受給者が支給日数を残して再就職が決まった場合、満額受け取るはずだった給付金の50〜60%をまとめて受け取ることができます。

半額とはいえ、月割りで支払われる失業保険の給付金が一括で支払われるので、残日数にもよりますが、10万円以上のお金が支払われることもよくあります。

[voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/resmile-3.png” name=”すーさん” type=”l”]例えば、基本手当日額が5,830円の人が、65日の支給日数を残して再就職が決定した場合

5,830円×65日×60%なので・・・

22万7,370円が一括でもらえることに!![/voice] [voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/girl_smile.png” name=”” type=”r”]再就職先も決まって、それだけのお金がもらえるなら、さっさと就職した方がいいかもね!![/voice] [voice icon=”https://chapter-365.com/wp-content/uploads/2017/12/resmile-3.png” name=”うずぼう” type=”l”]そうゆうこと!![/voice]

再就職をしたくても中々上手くいかないという人は仕方ないのですが、失業保険を満額貰うために、わざと再就職しない、ましてや良い求人があるのにスルーするなんてもってのほかです。

編集後記

働いている人の多くの方が加入して良いる雇用保険ですが、その詳しい中身を知らない人って結構多かったりするんですよね。

冒頭でも書きましたが、仕事を辞めようと思っている人・すでに仕事を辞めた人・クビになった人や、クビになりそうな予感のする人(?)はぜひこの記事を参考にして、最寄りのハローワークに相談してみることをお勧めします。

尚、当記事は平成29年12月26日の情報をもとに書いております。
今後、法改正などにより内容が変更となる可能性がありますので、詳細はハローワークに確認するようにしてください。