これぞ男の夢!主人公最強でモテモテハーレムのおすすめアニメランキング13選+おまけ

主人公最強 ハーレム アニメ

男に生まれた以上、一度は夢見るのが、「強い男であること」と「モテモテであること」のふたつ。

まさか、男子諸君に「そんな事思ったことねーし!」

なんてのがいたら、とりあえずこう言ってやりたい。

自分に嘘つくのはやめましょうよ。

誰もが憧れる「強くてモテモテ」な男って、小学校くらいのときにはそういう奴が学年に1人くらいはいたと思うけど、大人になったらそういうの一切無いですからね…

ただ、そんな最強であってモテモテハーレムを体現する、なんとも羨ましいヤローがアニメには存在するわけだ。

現実で実現できないことは、アニメとか映画の世界で我慢しましょうっていうのがモットーなので、皆さんにもどっぷりと「最強でハーレムな男」のアニメの世界にハマってもらいましょう。

選定の基準

この手のランキングはまとめ記事とかでチラホラあるわけですが、実際見てみるとランキングの数だけを重視するあまり、

「これハーレムじゃなくね?」とか「これ強いわけじゃないよね?」というのが散見される。

そんなわけで、今回選定するにあたって、はっきりと基準を明確にして行こうと思います。

で、それが以下の通り。

(1) 主人公が何らかのバトルで最強であること。※先天的なものでも、魔法やチートであっても可

(2)2人以上のヒロインから好意をもたれ、作中で主人公に対する好意が描写されている、または行動が起こされていること。

(3)異世界かどうかは問わない。

絶対基準は以上。

あとは、完全に僕の独断と偏見でランキングを付けて、ベスト10にまで絞り込んでみた。

あと、初見の人にもなんとなくわかるように、いくつかの要素を5点満点でポイント化してるので、その点もチェックしてほしい。ただし、評価ポイントと、ランキングは関係がないため、平均ポイントが高いのにランクは下ということはありえます。

最強度・・・主人公の強さ
ハーレム度・・・作中でのハーレムの描写
バトル性・・・バトルアニメとしての魅力
ビジュアル・・・画の綺麗さや、可愛さ
ストーリー・・・話としての面白さ

ちなみに、読み進めるとともに、上位になっていく構成にしてます。

【13位】異世界はスマートフォンとともに

神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、個性豊かな女の子たちと共に彼はのほほんと世界を巡っていく−出典:Amazon


すごく中途半端な11位!!

出だしから「なぜか神様に命を奪われ、なぜか異世界に生き返らせてもらう」という、物語に全く背景が無い。バトルと言ってもそれほどガチなバトルは存在せず、最強というのも、神様によってもたらされた完全チートという、なんとも浅はかな設定

ただ、主人公最強でモテまくりのハーレムアニメの中では、一番何も考えずに見れる作品でもあると思うので、ギリギリランクイン。

異世界はスマートフォンとともに
最強度
(3.0)
ハーレム度
(5.0)
バトル性
(1.0)
ビジュアル
(3.0)
ストーリー
(1.5)

【12位】デスマーチからはじまる異世界狂想曲

デスマーチ真っ最中のプログラマー“サトゥー”こと鈴木一郎。仮眠を取っていたはずが、気が付くと異世界に…!?視界の端には、仮眠前に作っていたゲームを思わせるメニュー画面。レベル1の初期状態。ただし初心者救済策として実装したばかりの「全マップ探査」とマップ殲滅ボム「流星雨」×3付。目の前には蜥蜴人の大軍が!助かるために「流星雨」を使用したサトゥーは、その結果レベルが310となり莫大な財宝を手に入れる-。出典:Amazon


この先に期待を込めてランクインにはしたものの、バトル系というよりは冒険アニメの要素が強い。あと、主人公の強さはチートによるものなので、

「うぉー主人公頑張れ!」

という気になれん。

ハーレムちゃハーレムだけど、一緒に旅をするパーティは、「獣人」「人造人間」「子供」という一風変わった女性陣。まだ未完なのでこの先に期待。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲
最強度
(4.0)
ハーレム度
(3.5)
バトル性
(2.0)
ビジュアル
(3.0)
ストーリー
(3.0)

【11位】聖剣使いの禁呪詠唱

私立亜鐘学園高校。そこは前世の記憶に目覚めた若者たち–「救世主(セイヴァー)」が集う学び舎。ある者は、前世の記憶をもとに自らの身体から《通力(プラーナ)》を汲み出し武器と体術の戦技をもって敵を砕く「白鉄(しろがね)」となり、またある者は、物理を越える異能《魔力(マーナ)》を自在に操り、この世にあらざる魔術の業で敵を滅ぼす「黒魔(くろま)」となる。そんな亜鐘学園に、一人の少年が入学した。彼の名は「灰村諸葉」。史上初めて、白鉄と黒魔二つの前世《剣聖×禁術保持者》の力に目覚めた彼は、誰よりも特別な運命を歩み始める–。出典:Amazon


ただ、バトルがあまりにも手抜き仕様で、ラスボスでさえ紙芝居を見ているかのような迫力の無さで倒されてしまう。画のタッチも超適当で、思わず失笑してしまった

(小学校の漫画クラブで僕自身が書いた、怒りのシーンにそっくりだった)

まぁ、学園・主人公最強・モテハーレムが一通り揃っていうる点ではアリかもしれない。

聖剣使いの禁呪詠唱
最強度
(3.0)
ハーレム度
(3.0)
バトル性
(2.0)
ビジュアル
(2.0)
ストーリー
(3.0)

【10位】魔法科高校の劣等生

魔法が現実の技術となって、一世紀。新入生の季節には、この 『魔法科高校』 にも一組の血の繋がった兄妹が入学した。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で波乱の日々が幕開いた。出典:Amazon


まぁとにかく主人公が最強で無双。多分今回紹介したアニメの中では、一番強いと思う(チート除く)。

妹を除いても複数のヒロインから好意を寄せられるが、そこまであからさまなハーレムと言うわけではないので、若干ランクは抑えてのご紹介。とりあえず、主人公が妹一筋なもんだから、ガチハーレムな学園ラブコメを求める人にはちと辛いかも。

魔法科高校の劣等生
最強度
(5.0)
ハーレム度
(2.0)
バトル性
(4.5)
ビジュアル
(4.0)
ストーリー
(4.0)

【9位】最弱無敗の神装機竜

クーデターにより滅亡したアーカディア旧帝国の元皇子であるルクスは、アティスマータ新王国では咎人として国民の雑用を一手に引き受けることを条件に恩赦を受け、日々様々な仕事に励んでいた。そんなある日、ルクスは誤って少女たちが通う王立士官学園の大浴場に落下し、アティスマータ新王国の王女であるリーズシャルテを押し倒すような形で下敷きにしてしまう。出典:Amazon


なんというか、これ系のラノベ発祥のアニメが増えてるから、ストーリーについて特別すげーーーってところがないし、逆に言うとクセがない分だれでも楽しめる感じ。

この作品で特筆すべきなのはやはりビジュアルがいいところ。バトルシーンもそれなりの迫力で楽しめるし、ヒロインも綺麗に描かれているから、いわゆる目の保養にもなる。

最弱無敗の神装機竜
最強度
(3.5)
ハーレム度
(4.0)
バトル性
(3.0)
ビジュアル
(4.0)
ストーリー
(3.5)

【8位】トリニティセブン 7人の魔書使い

春日アラタの日常は崩壊現象により異界に消えてしまった。崩壊現象を解明するため王立ビブリア学園に入学したアラタ。だがそこに待っていたのは7人の美少女魔道士だった。出典:Amazon


一応魔王候補とされる主人公が、その周りにいる7人の魔道士と協力していくというバトルものなんだけど、まぁ完全にハーレム&ムフフなアニメ。

ストーリー冒頭のシリアルなシーンや、物語の根幹とされる「聖を助ける」という目的があるにもかかわらず、結構ハーレムストーリーに重きが置かれている。

あまりバトルの面には期待せずに、そっち方面で楽しみたい人におすすめ。

トリニティセブン 7人の魔書使い
最強度
(3.5)
ハーレム度
(5.0)
バトル性
(2.0)
ビジュアル
(3.5)
ストーリー
(3.5)

【7位】ハイスクールD×D

奇跡の初彼女にいきなり殺された!? 超不運な高校生・イッセーを救ったのは学校一の美少女・リアス先輩。「あなたは悪魔として転生したの。私のために働きなさい!」新米悪魔イッセーの下僕人生、波乱のスタート!出典:Amazon


はじめてできた彼女に命を奪われた主人公。しかし、ひょんなことから悪魔へと転生し、学校でもトップクラスに美人と噂されるリアスの下僕になるところからストーリーが始まります。

主人公の属する「悪魔」に対立している「堕天使」「天使」という存在とのバトルストーリーなんですが、同様にリアスの下僕でもある仲間たちとのハーレム要素も充分。

2012年の作品ですが、2018年になる今でも映画が公開されているなど、長期に渡って人気の作品です。

トリニティセブン 7人の魔書使い
最強度
(3.5)
ハーレム度
(5.0)
バトル性
(3.0)
ビジュアル
(4.0)
ストーリー
(4.0)

6位~1位の作品は次のページで!