ハラハラドキドキが止まらない、おすすめの大災害パニック・ディザスター映画

パニック映画 オススメ

皆さんは「映画」に何を求めますか?感動や怖さ、トキメキやハラハラなど、人によってそれぞれでしょう。

今回は、そんな様々なジャンルの映画の中から、ハラハラドキドキさせてくれる、おすすめの災害系パニック映画をご紹介します。

災害系パニック映画とは?

ここでご紹介する映画に於ける「災害系」とは以下のようなものを基準にしています。

  • 宇宙災害(隕石、侵略者など)
  • 気象災害(雨や雪、風など)
  • 自然災害(地震や噴火、津波、火事など)
  • 人的災害(事故、火事など)
  • 動物災害(ワニ、サメなど)

観たことあるものしかランキングに入れません。そうでないとおすすめポイントわからないので・・・

地球を救うために地球の核へ突入していく!?

ザ・コア [DVD]

ザ・コア
2003年
監督:ジョン・アミエル
主演:アーロン・エッカート
上映時間:134分

地球滅亡レベルのパニック映画と言えば、宇宙災害系が思いつきますが、この映画は地球の核(コア)の話。人類が宇宙に行く映画というのはよくある話しですが、地中に潜っていくというのは中々ある話ではありません。宇宙系や自然災害型と比べた時に、地球のコアに向かっていくこと自体が非現実的なため、SFパニック映画として観たい所。突っ込みどころが結構多い映画ですが、1つの娯楽作品として観ていく分には十分に楽しめる映画だと思います。

巨大隕石の追突を覚悟した時の人間模様も。

ディープ・インパクト [DVD]

ディープ・インパクト
1998年
監督:ミミ・レダー
主演:イライジャ・ウッド
上映時間:121分

隕石パニック映画に分類される映画ですが、どちらかと言うと隕石の衝突は免れないと悟った人々の人間関係の描写にウエイトが置かれている。とは言いながらも、ネットリとしたヒューマンドラマ感は感じられず、ストーリー全体のテンポが早く、宇宙での衝突回避ミッションのシーンも楽しめます。

ジャケ買いすると後悔するかも

ツイスター(字幕版)

ツイスター
1996年
監督:ヤン・デ・ボン
主演:ヘレン・ハント/ビル・パクストン
上映時間:113分

この映画のDVDジャケット自体が竜巻から逃げ惑う人の混乱を描いたストーリーかと思わせますが、実は研究者が自らの研究のために積極的に竜巻を追いかけていく映画。ストーリー全体的に緊張感は少なく、人類破滅、自然災害の恐怖という感じはあまり得られないかと思う。ラストシーンは主人公自らその脅威を体感することになるわけですが、それでも必死感というのは感じられません。でも、自然災害を取り扱った映画の中では、違った意味で先が気になるよく出来た映画です。

ディザスター映画の名作であり、今でも楽しめる

タワーリング・インフェルノ [DVD]

タワーリング・インフェルノ
1974年
監督:ジョン・ギラーミン/アーウィン・アレン
主演:スティーヴ・マックイーン/ポール・ニューマン
上映時間:165分

1970年台の映画とは思えないほど、ストーリーが秀逸で、細部までしっかりと作られている映画です。超高層ビルの火災現場が舞台で、そこから脱出していく。主演のスティーヴ・マックイーンのかっこよさはもちろん、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、フレッド・アステアという、超豪華な俳優陣がこの映画のストーリーにさらなる魅力をもたらしてくれています。視覚的な点を現代の映画と比べてしまうと元も子もないが、古い映画はつまらないと先入観を持っている人は、ぜひ一度観てほしい映画です。

襲いくるマグマに立ち向かう公務員

ボルケーノ [DVD]

ボルケーノ
1997年
監督:ミック・ジャクソン
主演:トミー・リー・ジョーンズ
上映時間:106分

肩肘張らずに、気軽に見れるパニック映画です。突如ロサンゼルスの街に火山が出現し、噴火。逃げ惑う人々と、それを止めようと必死に立ち向かう公務員のおじさん。正直様々な描写の部分で「いやいや、これは無いだろう」というシーンも多いのですが、これはハリウッド映画。ハラハラ・ドキドキが止まらず、次はどうなるんだろうと手に汗握る展開が続きます。この映画を「自然災害とは何か」という観点で観てしまうと面白さは半減に。マグマVS人間というアクションパニックを見る感覚だと非常に楽しめる、娯楽作品。

スタローンだから余計に魅力ある映画に

デイライト [DVD]

デイライト
1996年
監督:ロブ・コーエン
主演:シルベスタ・スタローン
上映時間:115分

海底トンネル内で有毒化学物質を積んだトラックが爆発。トンネルは崩落し、僅かな生存者も生命の危機に。そんな時にスタローンが演じる主人公が救出に向かう。という、よくありそうな災害脱出系のディザスター映画。しかし決して期待を裏切るようなものではなく、またスタローンというヒーローがこの映画の面白さを格段に引き上げてくれています。映像の描写も迫力があり、銃器や殴り合いと言ったイメージの強いスタローンの違った面が楽しめます。

自己中女が招いたシャークパニック

ディープ・ブルー 特別版 [DVD]

ディープ・ブルー
1999年
監督:レニー・ハーリン
主演:トーマス・ジェーン
上映時間:104分

太平洋上でサメから新薬を開発しようとする研究施設で凶暴サメが暴走。殺戮マシーンと化したサメが研究所の人々に襲いかかるというシャークパニック映画。サメを取り扱った映画は数多くあるものの、そんな中でも抜きん出ている。人間のエゴが招いた災害であり、その中心人物である1人の女の行動に、誰もがイラッとすることでしょう。ストーリーやサメの迫力以上にキャストの個性が光っており、この俳優陣だからこその魅力に溢れた作品です。

ベタな展開も総合的に楽しめる

アルマゲドン [DVD]

アルマゲドン
1998年
監督:マイケル・ベイ
主演:ブルース・ウィリス
上映時間:150分

主題歌が有名すぎるし、観たことあるという人は非常に多いと思う。石油発掘という穴掘りのプロたちが地球に衝突しようとしている惑星を破壊するミッションに挑むという、いかにもハリウッドらしい映画。社会的にも精神的にも問題だらけの素人を、僅かな訓練で宇宙に活かせるというぶっ飛んだ設定ですが、全体を通してストーリーが纏まっていて、映画慣れしていない人でも楽しめると思います。また感動シーンもしっかりと盛り込まれており、涙もろい人は号泣必至。

SFだが人間味あふれるパニック映画

インデペンデンス・デイ<特別版> (字幕版)

インデペンデンス・デイ
1996年
監督:ローランド・エメリッヒ
主演:ウィル・スミス/ジェフ・ゴールドブラム
上映時間:1996年

これまた90年台のメガヒット大作。これはパニックではなくてSF映画だろうと言われてしまうであろう、宇宙人vs地球人のストーリー。登場する奴ら皆がかっこよく、スカッとした気分を味わいたい人にはうってつけの作品だと思います。ウィル・スミスならではの、コメディタッチな仕草やセリフがこの映画を更に見やすいものにしている。ストーリー全体的に人間味があふれ、ハラハラ、ワクワク、そして感動と、バランスの取れた作品。

真似をしても絶対に本家を超えられない

ポセイドン・アドベンチャー [DVD]

ポセイドン・アドベンチャー
1972年
監督:ロナルド・ニーム
主演:ジーン・ハックマン
上映時間:117分

この映画には、全く関連性のないリバイバル作品がいくつかあるが、本家の完成度が高すぎて、船の沈没パニックでこれにまさる映画は未だに無いと思う。古い映画のため、細かい部分は作り物という印象は拭いきれませんが、70年台にこれをやってのける点だけでも賞賛に値し、タワーリング・インフェルノと並んで70年台パニック映画の2大巨頭。CGとかハリボテとかそんな次元の話ではなく、言葉では良い表せないハラハラが続きます。

パニック映画は気軽に観れる

パニック映画の良いところは、シリアスなヒューマンドラマと違って、一人でも大勢でも気軽に観れる映画だと思っています。「何もすることがない。でもガチで映画見るって気分でもない」なんて時にはパニック映画がおすすめです。

まぁ結構有名どころだと思うので、「全部見たし!」って人も多いと思いますが、もしまだ観てないという映画があるのであれば、ぜひお試しあれ。