LINEの「24時間以内送信取り消し機能」が実装されても、タイムリミットは数秒と考えよ。

LINE 誤爆 取り消し

本日、LINEの送信取り消し機能が2017年12月以降に実装されることが発表された。

今まで、上司に対して彼氏へのメッセージを送ったり、彼女に対して浮気相手へのメッセージを送ったりと・・・

何らかの誤爆をしたことでオロオロした人や、また修羅場に陥ってしまった人もいるはず。

そういう意味では、今回の「送信後24時間以内は取り消し可能」という機能は、LINEユーザーに取って非常に魅力的なものになる。

社長に対してのプリキュアだって、取り消せる!!

出典:http://kogusoku.com/

しかし、この機能自体は非常にありがたい機能では有るが、「24時間」というのはあまり考えないほうが良さそうだ。

そもそも、送ったLINEが既読になるのにそんなに時間はかからない。

もちろん相手が仕事中であったり、何らかの事情でスマホを見ることが出来ない状況であれば、しばらく既読にならないこともあるだろうが、それはあくまで相手の都合であって、送信者側でどうのこうのできる内容ではない。

万が一上司に誤爆LINEを送ってしまったとしたら、上司が見るか(既読になる)、その前に消すかの勝負であって、一度既読になってしまったら、いくら後から消すことが出来たとしても取り返しはつかない。

相手が何をしているかわからない(スグに既読になるか、しばらく読まれないかわからない)以上、送信してから数秒が勝負だ。

送信した瞬間に既読になるというのは、皆が経験したことが有ることかと思うし、体感的にも、送信したLINEは結構な速さで既読になる印象がある。

既読済みのメッセージを削除することが出来るのか否かなどの詳細についてはまだ発表されていない。

なので、いくらこの機能が実装されようとも、LINEを送る際には最新の注意を払う必要が有ることはこれまでと全く変わらない。

個人的には、Outlookなどのメーラーに付属しているような、送信ボタンを押してから実際に送信されるまでにタイムラグが発生する機能のほうがありがたく感じる。

あえて画面に「送信まで●秒」と表示されることで、送信者は改めて送信先とメッセージの内容を確認するきっかけにもなる。

なにも全員にその機能を適用させる必要はなく、設定画面からON/OFFの設定や、秒数をセッティングできるようにすればいい。送信まではワンタップでいつでもキャンセル出来るようにすれば、誤爆すら防ぐことが出来る。

ユーザー別にそれぞれの設定ができると尚面白いかもしれない。

それでも、今までは誤爆LINEを送ってしまったら「このままこの世から消え去りたい」と思わざるを得ない、絶望的な状況が確定していたわけだが、今後は、少なくとも相手が未読だった場合にまだ誤爆をなかったコトにするチャンスがある。

できれば一生使いたくない機能では有るけど。心臓に悪い。

ちなみに今回の機能実装前に、自らの誤爆をみんなで面白おかしく笑ってしまおうと『#LINE誤爆 Black FRIDAY』がスタートしている。

ではでは。

出典:linecorp.com/©ニシクボサユリ