人生で初めて購入する固定電話。今の時代、固定電話って結構探すのが大変な件

固定電話 購入

昨日、固定電話を購入しました。事務所の電話として設置するんだけど、やはり最近は購入者が減ってきたためか、家電量販店の中でも隅っこに追いやられている。

また、個人的にも固定電話の機能や性能ってあまり詳しくなく、「こんな機能が搭載されていれば、あんなことが出来る」というような知識が全くない。

そういうことも有り、とりあえず何でもいいやというつもりでヨドバシに向かったら、非常に安くて機能が豊富な固定電話を発見!!

それが、カシムラのSS-05という電話機だ。

安くてシンプルで機能充実

カシムラ SS-05

価格はヨドバシで3,650円。この値段でナンバーディスプレイから留守番電話、着歴表示まで対応している。

カシムラ SS-05

デザインについても、どことなくビジネスホンに似ているところが気に入っています。

また、本体の重さも重視した。デスクの隅に設置して使う際に、勢い良く受話器を取った時に本体が軽すぎると本体ごと引っ張ってしまうことになる。FAX付きの電話であればそんな心配もしなくて良いんだろうけど、今回FAXは別番号でメール通知。その為、出来る限り大きく、重い機種を探していたが、満足とは行かないものの十分な安定感はある。

着信音量もしっかり聞き取れる程に大きく、画面操作も直感的に使える。

それに、液晶のバックライト機能と、留守番電話サービスを使わないのであれば、電源を差さずに回線コードだけでOKだから、配線もゴチャゴチャしないのが嬉しい所。

実際、こんなに青くない。上の写真くらいのグレーだから注意。ここまで色味違うとクレームになりそうだが・・・

コードレスにしなかった理由

なぜコードレスフォンにしなかったかというと、値段のことももちろんだが、何よりWi-Fiへの干渉を懸念してのこと。かつての家庭用コードレスフォンは2.4Ghz帯を使用しており、Wi-Fiの電波とモロに被っていたためお互いの電波が鑑賞してノイズの原因になっていた。

現在は、コードレスフォンの周波数が、1.9GHz DECT準拠方式というものに変わっており、メーカサイドは2.4GhzのWi-Fiとの干渉は無いということにはなっているが、あんこぱん氏のブログを拝見し、それでも干渉を起こすことがあるということを知る。

[blogcard url=”http://www.ankopan.com/entry/2015/11/08/205748″]

こういう、「メーカーはそう言ってるけど違うじゃん」的なレビューは非常にありがたいですね。

僕の環境の場合、使っている端末のうち Let’s note CF-S10 が5Ghzの11acに対応していないので、2.4Ghz帯の利用は必須だ。また、1辺3メートルの正方形の狭小事務所であれば、コードレスフォンである必要も無いと言うことから、有線タイプを選択したと言うわけ。

まぁ、レイアウト配置がちょっと大変になるかな。

ボイスワープでチャンスを逃さず

正直、サラリーマン生活をしているときは固定電話で電話を受けることも多かったので、それほど違和感はない。しかし1人起業ということも有り、外出中の着信を逃していては、いつかビジネスチャンスを逃してしまうことも事実。

そういうわけで、ボイスワープ(携帯への転送サービス)を設定をし、いつでも会社にかかってきた電話をスマホで受電出来るようにした。

今悩んでいるのは、ナンバーディスプレイをどうするか。工事費用の2000円はともかく、月に400円の固定費がかかる。サラリーマン時代に電話にでる時、表示される電話番号をチェックしてから電話に出た記憶もなく、また、どれだけ電話がかかってくるかわからない状態で月400円のコストを確定させるのも勿体無いので、ナンバーディスプレイに関しては時期尚早かと。

起業で安い固定電話を探している人はカシムラ SS-05を検討してみてはいかがだろうか。

ではでは。