室内に侵入してきたカメムシを、臭わずに冷凍で駆除する

カメムシ 冷凍 駆除

この時期になると、ありとあらゆる場所にカメムシが大量発生し、間違っても触れてしまったりすると、尋常じゃないほどの悪臭に悩まされます。

そんなカメムシが、今朝自宅のベッドにちょこんと居座っていたのだ・・・

ティッシュで包んで捨てようにも、刺激を与えて匂いを発せられると困るし、てか元々虫が嫌いだから近寄りたくもない。

そういうわけで、今回はカメムシ君を「瞬間冷凍」して家から出ていってもらうことに。

カメムシを駆除するとき、掃除機は絶対あかん!

地下よりたくない虫を駆除する時、気軽にやってしまうのが「掃除機で吸う」という行為。まぁ匂いを発しない虫であれば、掃除機で吸ってしまって良いかもしれませんが、カメムシに至っては、ゴミパックの中で匂いを発し、排気と一緒に室内に放出される。

僕自身、過去に同じ失敗をしたことがあるから、絶対に掃除機で吸わないでやってほしい。

虫が嫌いでなければ紙に乗せて外へ弾き飛ばす

カメムシだろうと、触ったり近くによることに抵抗がないのであれば、ちょっと厚めの紙(ハガキとか)をカメムシに近寄らせてすくい上げる。それでもって、そっと屋外に持って出て指で弾いてしまおう。

ゆっくり、カメムシに危険を感じさせない内であれば、匂いを発することもない。それに、カメムシくんの命を奪うことにもならない。

子供の頃は、田舎育ちなのでこんな事簡単にできたんだが・・・

確実なのは瞬間冷凍してしまう

カメムシは潰したりしてしまうと匂いを発してしまい、室内にしばらく異臭が漂ってしまう。なので、潰さずに息の音を止めてしてしまうことが必要だ。

そんな時に確実に、素早く殺虫できるのが「瞬間冷凍」だ。凍ってしまえば匂いを発することもない。カチカチに凍ってしまった後で、ティッシュにくるんで処分すればいいわけ。

実際、ホームセンターなどでも瞬間冷凍用の殺虫剤が販売されている。
カメムシ 冷凍

一応、用途は「ゴキブリの捕獲」とのことだが、カメムシにも使える。

狙いを定めて発射だ。

まずスプレーがカメムシに当たった瞬間、このベッドから落下。まだ息があるようだったので・・・

ご臨終。白い粉は霜なので、拭き取ることできれいになります。

ゴメンよ。こっちからカメムシを探し求めて駆除しにいくようなことはしないけど、君が僕のテリトリーに入ってしまった以上、こうするしか無いんだわ・・・

冷凍スプレーは思った以上の実力

正直、そんな瞬間冷凍なんて無理だろう・・・と思っていて、もし失敗したら匂い発してやばいことになるかも。。と覚悟していましたが、さすがフマキラーさん。本当に瞬間冷凍でした。

殺虫成分が入っていないので、食品やファブリックの近くでも使えますし、小さな子供やペットがいても安心。

虫が苦手、でも触るもの近づくのも無理!そんな人は1本くらい常備しておいても良いんじゃないかな〜

ではでは。