風水的に仕事が捗る机の配置は、実はのび太が実証してくれていた!

皆さんの自宅や勤務先のデスクはどのように配置されていますか?

壁に向けて机を置いて出入り口には背を向けてたり、社長室のように部屋の奥に出入り口に向かうようにとか。

日本の企業なら部署やチームごとにシマを作って、向かいは壁ではなくて同僚が向かい合って座ってるってイメージ。逆に外資系だったらパーテションで区切られた個別ブースになっていたりとか・・・

実はその机の向き、風水で良しとされてる配置や、逆にダメという配置が有るらしい。

今回は、風水的に仕事や勉強用のデスク配置はどのような形が理想的なのかということと、そして、ドラえもんに出てくるのび太の部屋が、まさにその影響を受けてるとしか思えない配置になっている事も併せて紹介します。

壁に向かって背後に空間を作るのはダメ

子供部屋の勉強机とか自宅の書斎の机配置とかに結構多いと思いますが、机を壁に向けて置いて座った時、背後に空間が出来る配置は良くないとされています。

風水的には、背後が空いていることで背中に向かってくる「気」を常に感じとって集中ができず、また前方(これを明堂と言うらしい)が塞がれていることで財運も悪くなるということだ。

こんな感じ。
デスク 壁に向ける

確かに、昔自宅のデスクをこういうふうに配置していたけど、入り口が見えないので、非常にソワソワします。風水以前に、誰かが部屋に入ってくるノックだったり、廊下の足音など、全て背後から聞こえてくるわけですから、やっぱり落ち着いて仕事は出来ない。

入り口真正面もダメ、両側が空いているのもダメ

では机を壁に向けずに、社長室のようにドカンと真ん中に机を置くのはどうだろうか。

こういう感じ。
デスク 社長室
一見良さそうに見えてコレもダメらしい。

理由としては2つ。

まず、出入り口の真正面に椅子があるということ。出入り口から一直線に流れてくる「気」というのは、風水的にはあまり良い気ではないらしく、それを真正面に受けてしまうこの配置はNGだとか。

もう1つが、机の両側が空いてしまっていること。風水的に落ち着かない配置だと言うことのようです。

机の左右どちらかを壁につけると良いらしい

壁に向けたらダメとか、正面ど真ん中はダメとか、狭い部屋だと大変!!

で結局どうすれば良いのかというと、以下の点をすべてクリアする配置が理想的とのことだ。

1. 背中を壁に向ける。
2. 机の左右どちらかを壁につける。
3. 出入り口の正面に座らないようにする。

左右どちらかの辺を壁につけることで、四神相応の白虎または青龍を象徴する守りが出来るということだ。

これらの条件を満たす配置が以下の4種類になる。

デスクの向き 風水

まずこの2つの配置は、座って右側(白虎)が壁につくということから、女性に良い配置とされている。

逆に以下のように、

座って左の青龍を守る配置は男性に良いとされる配置だとのことだ。

もしコレに相当する壁の配置が難しい場合は、衝立などでも代用は出来るとのこと。

これらの情報は伝統風水師 秀山氏のブログを参考にさせていただきました。

[blogcard url=”http://fengshui.jp/syuzan/?p=5025″]

窓がある部屋の配置は?

以前ブログにも書いたように、僕の事務所には窓がない。純粋な3メートル四方の柱も何もない正方形の部屋だ。

だから純粋に机の配置と出入り口の位置だけを考えていればいい。

しかし、大半の部屋や事務所には窓が有ると思う。

そんな窓と机の位置関係にも風水は大きく関わってくるみたい。

窓が背中に来るとダメ

後ろに窓がある状態だと、結局は背後が壁ではないということになってしまうため、一番最初に書いた風水の条件を満たさなくなってしまうらしい。

なので、以下のような感じで窓がある場合は・・・
風水 デスク 後ろに窓

こうするのが正解。
風水 デスク 窓

窓正面にベタ付けって最悪。

逆に、正面に窓があるところにベタ付けした場合。これどうやら最悪のよう。

背後は空間になってしまっているし、正面には窓があるため、外が完全に見えてしまい、気が散って仕方がない。

この間取りを見てください。
のび太の部屋 風水
ドラえもんの「のび太」の部屋(旧)のレイアウトです。

押入れ部分がドラえもんの寝床。

この間取りを見る限り、正面に窓が有りボーっと外を眺めることが出来たり、外で遊んでいる子どもたちをついつい覗き込んでしまえる。(実際にのび太がそうだ)

背後には大きな空間が有り、更にドラえもんの寝床の出入り口が直線状にある。

更に直ぐ右手には、鬼の形相をして急に戸を開けるママや、ノンアポで急にジャイアンが室内に入ってきたりと、どうも落ち着けないし、集中して勉強ができる部屋とは思えない。

ついでにいうと、左手前方には漫画タップリの本棚が誘惑する。

あー、だからのび太は勉強が出来ないのか。

なんとも納得の行くレイアウトだ。

とはいっても、仕事優先だよね

自宅の勉強部屋とか書斎であれば、風水の事を気にしてレイアウトを変更する事も出来るかもしれないが、職場となると話は別。

会社で働く人は大勢で1つのスペースを共有しているわけなので、風水のことよりも、業務上都合のいい動線だったり、お客様との商談スペースが優先されるのは当然のこと。

机の向きを良いようにするだけでお金が転がり込んで来るなら、大枚はたいて世界一の風水師にレイアウト組んでもらいます。

それに、人によっては目の前が壁であることで、じっくり落ち着いて仕事が出来るという人もいるかもしれない。風水って結局は占いみたいなもんですからね。

導入するかしないかはアナタ次第ってことです。

ではでは。