クラウドワークスやランサーズで食べていくことって正直無理だと思う。

クラウドソーシング 生活

最近ネットの掲示板などで、「Crowdworks単価安い」「Lancers単価安い」というような書き込みを見受けることが有ります。

僕自身、受注者・発注者として、それぞれのサイトでアカウントを所持していますが、たしかに単価が安い案件が非常に多い。

特に、芸能情報やニュース情報を書きまくるトレンドアフィリエイトの外注ライターの仕事は、とてつもなく単価が安く、2,000文字で200円とか、「え?まじで?」と思うような仕事がゴロゴロしています。

そんな激安案件がゴロゴロしていくクラウドワークスやクラウドソーシングサイトだけで、初心者が食べていくことって可能なのか否か、考えてみたいと思います。

僕の初めての仕事は1文字0.1円だった

初めてCrowdworksで仕事を受けたのは多分3年位前だったと思う。住んでいる地域の魅力を1000文字くらいで書いて、100円貰えるというもの。

1つのスポットに付き1記事だったから、札幌に住んでいる僕はひたすら観光スポットの記事を書いて、結局20箇所分で2000円の報酬を得た。

その時初めて感じたのは、「割に合わねー」って印象。

文字を書くことに抵抗は無かったし、地元の観光情報についても、昔働いていた仕事の関係で詳しいことも有り、仕事をすること自体には何の抵抗もなかったけど、いざ終わってみて2000円という報酬額を見ると、正直バイトしていたほうが断然稼げると思った。

クラウドソーシングよりバイトの方が効率は良い

Crowdworksは稼げない、Lancersは稼げないというのは事実だと思う。僕がやっていた1文字0.1円の仕事は論外だけど、仮に0.8円の仕事でも、1000文字書いてやっと800円だ。

中々1000文字でOKという仕事も少なく、1500文字〜2000文字単位での依頼が多いと思うので、単純に1記事2000文字書いて1600円。

都内であればバイト1.5時間分くらいで、田舎だと2時間分くらいになるだろう。

慣れてくれば、2000文字なんて1時間もかからずに書けるようになるので、スポットでの稼ぎを見るとこちらのほうがバイトより効率がいいように見える。

しかし、最近はクラウドソーシングサイトで文字単価0.8円の仕事を探すのは結構苦労するし、見つかったとしても書き方とか内容とか、結構レベルの高いものを要求される内容になっている。

それに、そんなに大量の記事執筆を依頼される事も少なく、どうしても一時的な依頼になってしまいがち。

外に働きに行ける状態の人が、時給1000円で1日8時間、月に20日働けるバイトを探すのは結構簡単だが、1日8000円分(0.8円換算で10000文字相当)の記事執筆を月に20本受注するのは相当苦労すると思う。

実際にCrowdworksやLancersを見てもらえればわかると思う。

仮にそれだけの量の仕事を受注出来たとしても、特定のジャンルや特定のクライアントとだけでの取引では難しい。

複数のクライアントとやり取りをしながら、SIMフリーの事、中古車買取のこと、美容の事、健康や病気のこと、ローンやクレジットカードのこと、健康食品のこと・・・と、様々なジャンルの記事を書いていかなければならない。

そういう器用な事が出来る人もいるとは思うが、少なくとも僕はSIMフリーに関する記事を散々調べて執筆した30分後に、今度は健康食品の事を書き始めるなんていう柔軟な頭は持っていない。

得意ジャンルでなければ時間がかかる

僕の得意ジャンルは、「北海道の情報」と「不動産に関する情報」。この2つであれば、マイナーなスポット情報から、不動産の細かい税金のことなど、特に何かを調べることもなくスラスラと書ける。

しかし実際にCrowdworksで仕事を受けていた時は、SIMフリースマホのことや、健康食品のことも書いていた。

そんな時に大変なのが、記事を書くための情報を集めるということだ。

個人的には、対象のジャンルについて詳しく無くても、クライアントから依頼されてお金を貰うからには、それを調べ上げて文章にするのが「ライター」という仕事だと思っているので、記事の構成を考える段階から、その対象について色々と調べなければならない。

もちろん、その調べる時間に報酬は出ない。2000文字の原稿を書くのに下調べ1時間、記事の構成1時間、執筆1時間、納品前のチェックに30分かかるようなこともザラに有る。単価1円だとしても、3時間半で2000円。時給571円だ。

ある程度調べて知識がついていき、その先も継続的に依頼されるのであれば、次からは時間短縮ができるのでそれも有りだと思うが、5記事ほど執筆が完了した時点で仕事が終了になれば目も当てられない。

事情によって家から出れない人には最高かも

ココまで書いたことを見ると、どう考えても近くのコンビニや居酒屋でバイトするほうが理にかなっている。

フリーライターという肩書で、カフェでノートパソコンを開いて、自分の思い通りの働き方をしていくには、クラウドソーシング身体家の受注だと、正直難しいものが有る。

しかし、何らかの事情で家から出ることが出来ないという人にとっては、こういったクラウドソーシングサイトは非常に良い稼ぎツールと思う。

例えば子供が小さくて働きに出ることが出来ない、なんらかの病気を抱えていて外で働くことが難しいというような人は、自宅に居ながらパソコン1台でお金を稼ぐことが出来る。

本気になって頑張れば、月に15万円くらい稼ぐことは可能。

でも食っていくのは正直しんどい

それでも、クラウドソーシング1本で飯を食っていくのは相当難しい。僕の場合、2ヶ月だけクラウドソーシングからの収入だけに頼っていた生活をしたことが有るが、朝から晩まで機械的に記事を書いて、月に17万円が限界だった。

朝の9時から夜中の1時位まで、休憩時間と飯・風呂以外はずっと原稿を書いているか、その下調べの時間。

業務が効率的に出来るか出来ないかはクライアントによっても異なり、発注慣れしているクライアントであれば、一回で求めているものが何かがすぐに分かるような指示書を出してくれるが、慣れていない人はわけの分からない指示書を出してくる。

質問をしてもそれに対しての回答が2日後になったり、納品した原稿について、正当な文法表現にも関わらず、(クライアントが間違った認識をしているせいで)わざわざ間違った文法表現に直すよう修正依頼が来ることも有る。

契約したあとになって、当初言われていた内容より遥かに高度で面倒な事を求められるなんて、クラウドソーシングサイトでは日常茶飯事。

そういうクライアントを相手にしていると、とにかくロスが多く、その結果わずか1500円の収入の原稿執筆に対して、数時間、数日と時間を使うことになってしまう。

1ヶ月だけ、クラウドソーシングで食ってみるというのは可能かもしれないが、それを数ヶ月〜数年と続けるのは、頭がおかしくなってき来ると思う。

まぁ、ライターとしてこれから本気で活躍していきたいと言う人の、修業の場としては非常に大場所だと思いますが。。。

ではでは。