働く人に是非見て欲しい!ビジネス系映画ベスト5【洋画編】

世の中には様々な仕事があり、そこには様々なドラマがあります。

時には、自分とは違う仕事の世界を覗いてみたいとは思いませんか?

今回は、ビジネスの世界をテーマにしたオススメ映画(洋画)をご紹介。

スポーツのスカウトマンが主役

(C)2011 Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc. All Rights Reserved.

マネーボール 2011年

アカデミー賞6部門にノミネートされ、多くの評論家から高い評価を得ている作品「マネーボール」。

ブラッド・ピット演じるビリー・ビーンはスーパースターの高校球児からプロへ転向したが、短期な性格と荒っぽい振る舞いが災いし、せっかくの才能はプロの世界で開花せず。

しかし、ビリーは第二の人生を野球界のスカウトマンへと転身させ一念発起します。

ビリーのような無名のゼネラルマネージャーを信用せず、高額を支払うことをためらう球団がほとんど。

それでも、独自の理論を展開させながら野球界のマーケットを覆えすような敏腕を発揮し…!?

誰でも第二のビジネスシーンを歩むことがあり、それをどう受け止めるかを考えさせてくれる作品です。

モラルも秩序もない成金ストーリー

(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ウルフ・オブ・ウォールストリート 2013年

1980年代から1990年代の金融業界の混乱を描いた傑作クライム・コメディ「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」

詐欺まがいの手口で巨万の富を手にした元株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートをレオナルド・ディカプリオが熱演。

監督は「ディパーテッド」「ヒューゴと不思議な発明」のマーティン・スコセッシ、巨匠が撮ったとは思えないような脂ぎった作風も魅力のひとつです。

ビジネスにおいてタブーとされる事項を全て詰め込んだMr.反面教師映画、これさえ見ればモラルと秩序を守る理想的なビジネスマンになることができる……かも?

一流シェフがフードトラックのオーナーに?

(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

シェフ 三ツ星フードトラック始めました 2014年

「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー監督が手掛けるフードビジネスをテーマにしたコメディ・ドラマ「シェフ 三つ星フードトラック始めました」

一流レストランで料理長を務めながらも、自分の意思が反映されないありきたりな料理を出すことにウンザリしていた主人公のカールは、息子のパーシーと共にフードトラックで創作料理を販売することを決意します。

ハリウッドの大作主義に不満を抱いた監督が、インディペンデント体制で本作を作り、見事アメリカで大ヒット!

SNSが商売に大きく関与していく展開など、現代ならではビジネスの在り方を見せてくるのも面白い!

右手にドリンク、左手にはポップコーンではなくキューバサンドを携えながら見たい逸品です。

あなたはの私生活は大丈夫ですか?

(C)2013 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

トゥルーマン・ショー 1998年

奇想天外な「IF」ストーリーが話題になったヒューマン・ドラマ「トゥルーマン・ショー」

ジム・キャリー演じるトゥルーマンは生まれた時から24時間365日、私生活を全国に生放送されています。

周囲の友達や同僚、そして家族までもが番組のために用意された役者たちで彼の世界は全てテレビマンによって作られたハリボテ。

いつかトゥルーマンはこの事実を知る日が来るのでしょうか?

視聴率を取るためにここまでする?! と言いたくなるような破天荒なビジネスの展開は、今までと違うビジネスシーンを開拓したいと思っているあなたに大きなヒントを与えるかもしれませんよ!?

世界を飛び回る「クビ宣告人」

(C) 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.

マイレージ、マイライフ 2009年

数々の賞レースにノミネートされたヒューマン・ドラマ「マイレージ、マイライフ」

ジョージ・クルーニー演じるライアンは、年間約8割強を出張先で過ごすビジネスマン。

VIP、クール、スマートなビジネスに満足するライアンですが、プライベートにおける人間関係にはどこか寂しさを覚えていたようです。

ライアンは「ビジネスが充実していればプライベートに満足感がなくても」と何かと衝突の多い新人社員のナタリーに強がりますが、、、

表情の機微をなんとも魅力的に表現するジョージ・クルーニーの演技が観客を惹き込みます。

ビジネス優先か、プライベート充実か、それとも両方なのか! そんな風に迷ったことがあるビジネスマン、ビジネスウーマンの皆様に是非おすすめの作品です。

編集後記

色々とビジネス系映画をまとめては見たものの、やや置きに来た感が否めない感じとなってしまいました。実際にはもうちょっとディープな作品もあるんですが、まぁあまりどんよりしたラインナップにはしたくなかったというのもあり、これらに落ち着きました。

こういうのを見ると大抵はハッピーエンドだし、「どうせ映画だし」と思う人も少なくないはず。まぁ確かにこれを見たからと言ってフードトラックで成功するわけでもないし、株の取引で大儲けできるわけでもありませんしね。

まぁそれでも、自分の知らないビジネスの世界を覗いてみるのって結構楽しいですよ。