ブルボンのロングセラー「エリーゼ」が新ラインナップ!「ショコラエリーゼ」はチョコ好きに堪らない!

chocolatelise

お菓子メーカー「ブルボン」から発売されている「エリーゼ」というお菓子は知ってますか?

チョコレートをウエハースで挟んだとういう、非常にシンプルなお菓子なんですが、濃厚な甘みのチョコとサクサクのウエハースの食感が堪らなく、子供の時の菓子戸棚には必ずエリーゼが置いていた記憶がある。

(まぁ、単にオカンが好きだっただけだと思うが。)

エリーゼは、1979年(昭和54年)に発売され、もうすぐ40年を迎えようという、超ロングセラーのお菓子。

そんな長きに渡って僕ら日本人に愛されまくっているエリーゼが、先日新商品を発売した。

その名も「ショコラエリーゼ」。

どのような物なのかはパッケージを見ればすぐに分かる。今までのエリーゼにそのままチョコをコーティングしたものだ。

ショコラエリーゼ

いままで、エリーゼは2本で1包装というイメージが強いと思うが、ショコラエリーゼは、1本ずつそれぞれ包装されている。おそらく、今までと同じ2本1包装だと、チョコ同士がくっついてしまうのと、やはりプレミア感を出したかったと言うところもあると思う。

ショコラエリーゼ

箱を開けても全部食べずに置いておくことが出来るというのは、糖分とり過ぎデブまっしぐらの僕にとって丁度いい。

板チョコなんかだと、なくなるまで食べてしまう。

さて、お菓子そのものは、商品名を聞かなければ、今までのエリーゼとは思えない。どちらかというとチョコバーに近い。

封を空けた途端、ビターなチョコの香りがフワッと香ってくる。

食べる時になって気づいたのが、「食べる時に手を汚すことがない」ということ。1本だけ手で持って気軽に食べることが出来る。

このあたり、ブルボンさんも考えてる。きっと女性ターゲットにしてるな。。。

味については、今までのエリーゼにビターチョコでコーティングしただけのものと少し違う印象。

中のチョコレートも少しビターな感じに仕上がっているような感じがする。

っと言っても、オフィシャルのサイトに書かれているわけではないし、僕自身が相当味覚オンチなので、コーティングのビターチョコレートに惑わされているだけかもしれない。

ショコラエリーゼ

写真ではよくわからないけど、中のウエハースは今まで通りのエリーゼと変わらない。

全体的にビターな印象が前に出てきて、甘い子供向けの菓子というよりは、ワインとか似合いそうな大人向けのお菓子。

甘ったるいチョコレートはあまり好きではない僕も、心地いいビターチョコの風味が堪らない。

しばらくハマりそうだわ。