30歳以上の社畜やニートでも公務員になる方法があったので紹介しよう。

30歳 社会人 公務員

今民間企業に勤めていたり、自営をしている人でも、高校や大学を卒業する時に一度でも、「公務員になる」という選択を考えた人も多いのではないでしょうか。

または、公務員を目指しながらも上手く行かず、そのままフリーターやニートという人も中にはいるかも。。

結果的に民間企業を選んだ人もいれば、強く望んだものの、試験に失敗して公務員になれなかった人も、まぁ様々だろうけど。

年齢を重ねて30歳を超えてくると、確実に支払われるボーナス、住宅ローンなどの審査が有利、ブラック率が極めて低い(公務員でもブラックはあるようだが・・・)、等の理由で公務員にすればよかったと思う人も結構いるはず。

可能なら、今からでも公務員になりたいぜ!!

と考える人は、僕の周りだけで見ても、少なくとも3人います。

でも「公務員って新卒や若いうちになるもんでしょ。30歳を超えてしまうと、あとは一生民間企業で働くしかないよ」って思いこんでいる人、結構多いんですよね。

結論から言うと、30歳を超えても公務員になる方法は有る。今回は、そんな安定志向のあなたのために、30歳を超えても公務員になる方法をお伝えしようと思います。

地方上級の一般枠を探す

30歳 地方上級 公務員

一般枠の地方上級試験というのは、簡単に言うと大卒者が受ける試験の事。

若い人の為の試験と思うかもしれませんが、年齢制限は各自治体ごとに異なっていて、中には35歳~40歳程度でも受験できる自治体も存在する。(少数ですが)

あくまで一般枠の試験の為、大卒新卒で大学のゼミなどで公務員試験対策をしてきた若者たちと同じ試験を受けるという、今の時代非常に狭き門になることは確かだが、新卒でないと受けれないという事はない。

子供の頃、「こんな勉強は大人になったら必要ない」と言っていたことが多々あると思うし、現実、社会に出てからは学校で学んだ勉強が役に立つ機会は少なかったはず。

しかしこの採用試験は、その「大人になってからはあまり使わない勉強」の範囲から出題される。一般教養だからね。

この点では、現役の大学生に大きなアドバンテージが有るので、死ぬ物狂いで試験対策の勉強をしないと、合格は難しいだろう。

仕事をしながら夜にちょっと勉強をするというレベルではなく、1年以上前から寝る間を惜しんで勉強勉強!!

試験の半年くらい前には仕事を辞めて、受験予備校に毎日通うくらいの意気込みが必要だと思う。

まぁ、もともと出来のいい人はそんな必要もないとは思うが・・・

社会人経験者枠を狙う

最近は、地方自治体でも民間の考え方やアイデアを取り入れる為に、社会人経験者を別枠で募集しているところが増えてきている。

社会人採用枠は、一般枠の試験と異なり論文試験や面接試験だけの所も有るため、一般枠でガチで採用試験を受けるよりは、社会人経験のある皆さんにとってはまだ希望が見えてくるかもしれない。

しかし逆に言うと、今までやって来たことをどのように公の役に立てる事が出来るか?という点をしっかりと論理的に訴え出る事が必要。

当然論文や面接はその点が一番重要だ。

学生の受ける面接と異なり、社会人経験者なわけだから先方も高いレベルを求めているはず。筆記試験が無い分、面接と論文だけで勝負をしなければいけないので、それはそれで大変だと思う。

特殊技能・知識を生かせる専門職採用

公務員 専門職

農林漁業・建築土木・薬学など、専門の知識・経験のある理系さんに限っては、比較的多くの公務員への道が開かれている

また、地方公共団体だけでなく、国の機関の研究職なども随時募集されているので、自分の得意分野の行政関連施設のHPは定期的にチェックしておくべき。

自分が持っている経験・知識・資格などに自信が有るのであれば、専門職を狙う事は非常に有効な公務員への道だと思う。

また、警察官や、国家公務員のなかでも国税入国管理官などの専門職も30歳以上でも募集をしていることが良く有る。

今からでもマルサの女を目指すのは全く不可能というわけではない。

その街を好きになれるか?

公務員 Iターン

今あなたが住んでいる街で30歳以上でも受験ができる公務員募集が有ればいいが、元々そういう自治体そのものが少数派のため、受験資格ベースで募集を調べていくと、名前を聞いた事も無い街も出てくると思う。

採用された時にはその街の為に働くわけですし、その場所に住むことにもなる。当然面接の時には「なぜ○○市なのか?」という質問がされるだろう。

住んだこともない。受験を決めて初めてその街に訪問した。という様な状況で、面接官を納得させるだけの事を伝えるのは、なかなか簡単なものではありません。

そりゃ、地元で今まで暮らしてきた若者を採用したいだろうし。

田舎であればあるほど厳しいかもしれない。

生年月日から応募可能な募集を探せるサイト

色々と書きましたが、正直全市区町村や、全国の公的施設の求人を1つ1つ当たっていくのはさすがに無理がある。

そういう時は、公務員試験情報(こむいん)がオススメ。

無料で使えるし、会員登録も必要なし。

「国会公務員」「地方公務員」とジャンル別に全国の情報が検索できるし、社会人経験者に絞って検索することも可能だ。

また、自分の生年月日を入力し、その年齢でも受験資格が有る求人だけをピックアップして表示してくれるといった、公務員を目指す人にとっては非常に利便性の良いサイト。

より具体的に情報を集めたい場合は、専用の書籍で情報収集や注意点を確認する事も抜かりなく!

まとめ

ぼく自身意外だったが、公務員というのは30歳を超えてからも、いくらでもチャレンジできる環境が有る。

正直、ある程度有名な一般企業に入社するよりもハードルは高いだろうし、競争率が高そうな市町村もあるが、合格さえしてしまえば、定年まで安定した仕事が保障されるわけだし、給与・手当面でも大きなメリット得ることが出来る。

この機会に、公務員へ転職という事を考えてみてはどうだろうか?

僕は全くその気はないが。ではでは。